桃山学院中学校 いのちの授業

7期初めての講習会は桃山学院いのちの授業となりました。この授業では「生きていること」を感じ、「いのちの大切さ」を育み、「心肺蘇生法」を学びました。自他のいのちの大切さを知った彼らに、そのいのちを守る方法として心肺蘇生法を知ってもらい、また重要性を感じてもらえたと思います。私達はみな「欠かせない大切な存在」であり、一人で生きているのではありません。これらを考えれた彼らには、彼らの未来には、きっと喜びや幸せがたくさん訪れるでしょう。


東海大学付属仰星高等学校 いのちの授業

今年二度目のいのちの授業。映像を見ながら、ボジョレー君と共に心肺蘇生法を楽しく学びました。「以前学んだことがあるけど、曖昧だったからまた学べてよかった。」「自信がもてた。」等の言葉も聞くことができました。また、未来予想図を考えることで、未来への希望や夢を感じれました。いつの日か、私たちと出会い「いのち」について考えたこの日を思い出し、「いのち」の尊さを考えるきっかけにしてくれたらと思います。

大阪大学いちょう祭

毎年この時期には大阪大学「いちょう祭」にて超簡易型のBLSブースを出させていただいています。とっても楽しく普及ができる反面、どんな方が来られるか分からないので、実はとても難しく、インストラクターにとって大変勉強になる機会でした。何を、どのように伝えたらよいのか、来てくださる方のニーズを咄嗟に考え、伝えなければなりません。今年も小さな子どもから年配の方までたくさんの方が立ち寄ってくださいました。ひとりひとりに、心肺蘇生の大切さが伝わっていればと願っています。