東海大付属仰星高校 いのちの授業

2014.3.10
2014.3.10

2014年はじめの講習は、いのちの授業でした。18人の生徒さんたちと「いのちの授業」です。今回は「なぜ心肺蘇生法を学ぶのだろうか」という点に着目しました。普段何気なく接しているけど、自分の周りは大切な人たちで溢れているんだよ。じゃあもし、その人が突然いなくなってしまったら…?普段言えない言葉「いつもありがとう」「これからもよろしくね」。身近な大切な人に、素直に、伝えてみませんか?そして、大切な人をいざというときに助けられるように、みんなで心肺蘇生を学んでいきましょう。

大阪女子高校 いのちの授業

2014.3.20
2014.3.20

昨年ご依頼を頂き、今年で2年目。175人の生徒さんと「いのちの授業」を開催しました。東海仰星のものとほぼ同じプログラムでしたが、生徒さんたちのキャラクターを考慮し、アレンジバージョンで開催しました。普段会うことのない大学生との交流にみんなわくわく。生徒さんたちからは、「いつどこで倒れるのかわからないんだ」「改めて心肺蘇生を学べて良かった」との声もありました。大勢の生徒さんに心肺蘇生を知ってもらう機会をつくることができました。

第5回 響プロジェクト

今回でもう5回目となりました、響プロジェクト@桃山学院。KIBAのメンバーもお誘い頂きました。今回は、以前桃山学院で学校付き牧師(チャプレン)をされていた方のご講演でした。海外、日本と、病院でも勤められていたこともあり、今回は、痛み、苦痛、そして死と闘う患者さんたちのお話を聞きました。何を訴えたいのか、どうすれば望むような生き方ができるのか…。今まで、「生きる」「生まれる」「蘇生する」といった観点などがありましたが、「死」の観点からいのちを実感する、というのもひとつの考え方だと、学ぶことができました。(2014.4.26)

 

大阪大学学園祭「いちょう祭」

今年もいちょう祭@大阪大学でBLSブースを出させていただきました。こどもから年配の方、AEDを触ったことがない人や講習を受けたことがある人まで、たくさんの方々に立ち寄っていただくことができました。みなさん、とても興味津々にAEDや胸骨圧迫の練習をしていました。あるこどもさんが「119番とAED覚えたよ!」と話してくれたことがとても嬉しかったです。もっとたくさんの人に心肺蘇生法について知ってもらいたいと改めて感じた一日でした。(2014.5.3)

 

たまごビル講習会

たまごビルの病院に通われている患者さんや地域の方々に対し、私たちがたまごビル健康講座「具体的な救急法を身につける」の講師として、講習会を行わせて頂きました。この講習会では、BLSとEBAOの二つを行い、市民がこれらを行うことの重要性や具体的な救急法について体で学ぶことができました。みなさんとても熱心に心肺蘇生や腹部突き上げ法、人工呼吸等の手技を練習していました。(2014.6.14)

 

 

好文学園 BLS講習会

BLS講習風景
2014.8.23

お久しぶりの訪問となりました。今回は看護・医療系コースに進学されている高校1年生へのBLS講習です。内容としては、BLS、PBLS、FBAO、バイタルサイン測定体験と、3時間盛りだくさんの内容でした。いずれ医療職につきたいと考えている生徒さんが多い中…医療系学生の話や将来の話、もちろんBLSについても興味津々!感想にも、「今後看護師になろうと思っている上で、たくさんの事を学べてよかった」との声も頂きました。こうして、いのちの大切さ、BLSを学ぶ大切さを教えつなげる人が増えていくのだと、実感しましたね。

 

 

桃山学院中学・高校文化祭 BLSブース

2014.9.13
2014.9.13

毎年お声かけいただいています、桃山学院文化祭でのBLSブース出展です。毎年100人超の方々が受講しに来てくださいますが、今年は特に一般のお客さんの受講が多い印象がありました。桃山学院の学生さんや来られている子どもさん、お母さんお父さんと、今年も多くの方々にBLSの方法を伝えることができました。呼び込み式BLSブースで大変なのは、どのようにして使える時間内で必要なことを伝えるのか、というところで、受講者の方々に合わせて、伝え方を工夫する点においてはKIBAのメンバーも多くの学びとなりました。

 

 

服部緑地公園 防災フィールドワークキャラバン2014

2014.10.11
2014.10.11

服部緑地公園にて、多くの防災ブースの内の1つとしてBLSブースを担当させていただきました。やはり、防災のイベントにこられるお客さんということで、BLS、AEDにとても興味をお持ちで、積極的に学ばれている様子が見受けられました。列ができるほど人数もおおく、およそ4時間で約150人もの方々にきていただき、多くの方にBLSの大切さ、みんながBLSをできるようになることの重要性を伝えることができました。



淀川市民マラソン2014 AEDスタッフ

KIBAのメンバー数人で、淀川市民マラソンのAED隊救護スタッフをしてきました。消防の方とペアを組み、自転車に乗りながらランナーを応援しつつ、常にAEDを使う可能性を考えて見回りをおこないました。一日がかりのイベントでしたが、脱水や負傷の方は数人見られましたが、CPAの患者さんをひとりも出すことなく無事に終了することができました。