神戸大学ボランティアカフェ

2012.04.05
2012.04.05

神戸大学でBLSブースを出させて頂きました。多くの入学したての一回生に心肺蘇生について学んでもらいました。

心肺蘇生において最も重要な「胸骨圧迫」と「AED」を中心に実践してもらったものの、その重要性をいかに伝えられるかが難しいと感じました。

しかし、この講習は大学生の間に心肺蘇生について、深く考えてもらえるきっかけなったのではないかと思います。

 

 

大阪大学学園祭「いちょう祭」

2012.04.30.
2012.04.30.

規模も大きかったため、とても多くの方に立ち寄っていただきました♪

見学に来られた学生さんや修学旅行で来ていた生徒さん達。GWに遊びに来られたご家族や、はたまた外国の方も参加していただきました!

学生さんや生徒の方々は元気いっぱい興味津々で、私たちがかける言葉の一つにじっくりと耳を傾け、興味の赴くまま必死に胸骨圧迫やAEDの練習をしてくれました。

今年度のいちょう祭は大阪府池田土木事務所、豊中消防本部の方々と共同で出展させていただいたので、防災啓発ブース隣の人通りの多い場所で、昨年よりも多くの方に教えることができました。秋の学園祭シーズンに向けて、さらによい講習の実現のために課題を見つけることもできた1日でした。

 

 

インストラクション勉強会(青木太郎先生)

2012.06.24.
2012.06.24.

6月24日、大阪医科大学に青木太郎先生をお招きして、インストラクショナルデザインなど成人教育の勉強会を行いました。実際のAHAのFamily&Friends CPRのコースを受け、市民の方々にBLSを普及させるうえでの、インストラクションの仕方を勉強させていただきました。これからの夏の活動に向けて、自分達の活動を見直し、更に、市民の方々への動機づけや意識付けの方法を学ぶ、貴重な体験になりました。

 

 

全国PUSH@京都高島屋 2012.8.4-5

京都高島屋にてPUSH講習会・体験型BLSブースを開催しました。去年と同様、びっくりECO100選の一環として行い、多くの方々にご協力いただきました。
PUSH講習は3回行い、当日声をかけをしたにも関わらず30分以上お時間をいただきありがとうございました。普段からBLSの必要性を感じておられる方々の熱意を感じることができ、自分たちにも励みになりました。
体験型ブースでは200人以上の方に来ていただき大変盛り上がっていました。小学生の子供たちの中には、興味を持ってくれて夏休みの自由研究のテーマに使ってくれる子もいました。
色んな形で、多くの方に心肺蘇生が広がるよう工夫を続けていきたいと感じた2日間でした。
 

このまちいいな救急フェスタ2012 @千里中央駅前

2012.09.08
2012.09.08

豊中市消防本部の開催するイベントのコーナーの一つとして、市民向けBLSブースを開きました。

消防本部の方々のご協力もあり、13時半ごろ〜16時までの2時間半という短めの時間でしたが、なんと95名もの方に参加していただくことができました!

心肺蘇生に対する関心が高く、積極的に学ぼうとされる方が多かったのが印象的で、私達にとっても励みになった講習会でした。

 

 

白陵中学校・高等学校 BLS講習会

2012.09.15.
2012.09.15.

代表の母校、兵庫県高砂市にある白陵中学校・高等学校の文化祭にてBLS講習会を行いました。KIBA初の神戸以西進出です。

AEDの場所を知らない生徒さんも、約50分間のPUSH講習会の中では非常に熱心に取り組んでくれました。1時間の枠で50名弱の受講者の方に来ていただき、あっぱくんを2~3人で取り囲むという事態になってしまいましたが、みんなで救命する心を感じてもらえたように見えました。

医学部志望が多い進学校なので、私たちのように、将来心肺蘇生を普及する子がでてきたらなぁ!と願いつつ・・・。

 

 

桃山学院文化祭 BLSブース

2012.9.15.
2012.9.15.

今年も来させていただきました。桃山学院の中学・高校と合同の文化祭にてAED体験コーナーを設け、保護者の方からちいさな子たちまで、様々な年齢層にBLS講習会を行いました。立ち寄って下さった方々の目的、理由などは様々ですが、やはり大切なのは、人のいのちを想う気持ち。多くの人々に、それをもちかえっていただけた講習会であったと思います。限られた時間の中で、少しでも立ち寄ってくださった人と関わりを持ち、伝えることが、どれほど重要なのかを実感した文化祭でした。

 

 

好文学園文化祭 BLSブース

2012.10.07
2012.10.07

大阪・千船の好文学園にて、初のBLSブースを出しました。今回はいつもの呼び込み式心肺蘇生体験に加え、PUSH講習(45分間の簡易講習会)やベビアンまで用意できたので大賑わいでした。生徒のみなさん、そのご家族やお友達、幅広い世代の方々に、普段以上に興味を持ってもらえたことを実感しています。
今回の開催にあたり、養護教諭の河野先生の多大な協力を得て、素敵な講習会を開催することができました。好文学園の関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

服部緑地 防災フィールドワーク・キャラバン2012

2012.10.20
2012.10.20

服部緑地公園にて開催された防災フィールドワークにおける、心肺蘇生普及啓発として心肺蘇生・AED体験ブースを担当しました。緑に囲まれた広場には、消防・警察・自衛隊など畏れ多いブースの中に私たちを入れていただいたことを誇りに思います。

子連れのご家族やスポーツ帰りの方、近所のお散歩の方など、多くの方々に体験していただくことがでいました。イベントの特性上もあって関心の高い方が非常に多く、ずっと受講してみたかったというお声や、講習会受講歴のある方も復習されたいということで、私たちが呼び込まなくても自然に寄って来てくださったので、非常に教えるやりがいを感じたイベントでした。

 

 

桃山学院中学校「いのちの授業」&第1回響プロジェクト

2012.11.17
2012.11.17

今年で3回目となるいのちの授業。『救ういのち、感じるいのち ~医系学生からのメッセージ~』と講座名を掲げ、中学3年生30名に対し、生きている実感を伝えてきました。
導入ではクイズと心肺蘇生シナリオ練習、実習①ではバイタルサインとその変動、実習②ではライフイベントと人との関わり、まとめでは今日の体験や感情をみんなで共有することをテーマに、中学生と一緒に“いのち”について考えました。みんな素直ですぐに溶け込んでグループ内でも積極的に発言してくれたり、真剣に考えてくれたり、自分たちも改めて命の大切さについて見直したひとときでした。

午後は第1回響プロジェクト(いのちの勉強会)として、保護者の方と一緒に助産師さんのお話を聞きました。“生まれる”いのちの観点から、妊娠から出産までの命のドラマ、また助産師さんから見た命の現場を学ぶ貴重な機会となりました。

 

 

豊中市立庄内小学校 互輪ピック

2012.11.18
2012.11.18

庄内小学校の地域の消防イベントの一環で、心肺蘇生体験ブースを担当させていただきました。ステージや地震体験、綿菓子などなどお祭りムードの中で、大学生ながら心肺蘇生の普及という、ちょっとまじめなことしてました。ちょっと奥まった教室だったので呼び込みに苦労しましたが、ひっきりなしに関心の高い方が来てくださって、自分たちも熱が入って教えることができました。

呼び込み式には慣れてきた今日この頃ですが、その分講習会の質にこだわり始めるといろんな課題が見えてきて、今後につながる講習会となりました。

 

 

桃山学院 第2回響プロジェクト&BLS講習会

2012.12.8
2012.12.8

桃山学院にて、第2回響プロジェクトが開催されました。今回は、救急救命士さんからのお話で、また違った目線から「いのち」について考える貴重な時間となりました。救命率を上げるために、また大切な人のいのちを守るため、救うために、心肺蘇生の普及が重要なのだということを実感しました。そのあとには、少しお時間をいただき、BLS講習会をひらきました。初の試みである、AHA(アメリカ心臓協会)のFamily&Friends CPRのDVDを用いてやってみました。まだまだ未熟ではありましたが、次に繋げられる良い機会となったかなと思います。